Doepfer A-160-5 VC Clock Multiplier / Ratcheting Controller

15,500円(税込16,740円)

購入数

Five G スタッフのおすすめポイント!

入力されたクロック信号を乗算して出力するという、クロックディバイダーと逆の機能を持ったモジュールです。クロックディバイダーを使ってドラム系の音をトリガーするのは定番のやり方ですが、一定の周期でトリガーされるのみであまり面白みがありません。そこでクロックディバイダーのいずれかの出力をこの A-160-5 を通して乗算する事で表現が大幅に豊かになります。例えば 2 拍 4 拍で鳴らしていたスネアを 3 連符や16分で鳴らしたりといった事が可能になります!ツマミでのマニュアル操作の他、CV でも操作できます。クロックディバイダーA-160 Clock DividerA-160-2 Clock/Trigger Divider IIと一緒に使用するのがオススメ!

Overview

A-160-5 VC Clock Multiplier / Ratcheting Controller は入力されたクロック信号を乗算して出力するクロック・マルチプライヤー・モジュールです。Clock In へ乗算したいクロックを入力し、乗算されたクロック信号が Clock Out から出力されます。3 つの異なるモードを設定するモードスイッチと Manual ノブにより設定された乗数により乗算されます。またManualノブで設定する代わりに CV In へ入力した外部CVでも乗数を設定する事が可能です。9 つの LED は現在設定されている乗数を示します。Clock IN / Out の LED で入力されたクロックと出力するクロックを視覚的に確認できます。

クロックの乗算以外の重要な使用例としてラチェッティング・シーケンスの生成があります。ドイツのエレクトロニック・ミュージック・グループ、Tangerine Dream はこの種のシーケンスで有名です。通常シーケンサーは 1 ステップ毎に 1 つだけゲート信号を生成しますが、ラチェット・シーケンスはステップ毎に複数のゲートパルスを生成します。A-160-5 を使用する事によりシーケンサーからゲートのパルス数を定義する事ができます。入力された CV が 0 の場合、ゲート信号は生成されません(ステップミュート)。CV が上がるにつれて、モードスイッチと CV 信号により定義された 2 つ以上のゲートパルスを出力します。

Specifications

  • WIDTH : 4 HP
  • DEPTH : 35 mm
  • 消費電流 : 50 mA

メーカーホームページ : Doepfer A-160-5 VC Clock Multiplier / Ratcheting Controller

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。