Doepfer | A-133-2 Dual VC Polarizer

9,546円(税込10,500円)

購入数

A-133-2 Dual VC Polarizer は電圧制御可能な 2CH ポラライザーです。A-133 のスリムバージョンですが、A-133 と比較していくつかの機能の追加と改良が施されています。

A-133-2 は多くの用途に使用できます。シンプルな VCA、電圧制御可能なポラライザー/アッテヌバーター、電圧制御可能なインバーター、DC結合リング・モジュレーターまで幅広い使い方ができます。モジュールの原理としては2基の特別な電圧制御アンプリファイア(VCA)を搭載しており、正と負の両方向への増幅が可能です。

全体的な増幅は「Man コントロールによって生成された電圧」「外部から入力した CV」「外部から入力した CV のアッテネータとして機能する CV コントロールの位置」の合計によってコントロールされます。外部から CV を入力していない場合、Man コントロールを時計方向に回しきっている時の増幅率は +1 となります。中央位置では増幅率はゼロで、反時計方向に回しきっている時の増幅率は -1 です。(入力信号が反転します。)外部から入力した CV により、手動で調整された増幅幅を変調することができます。CV は外部 CV によってコントロールされる正または負の増幅値を得るために、正または負(すなわちバイポーラー)の両方に設定することができます。

さらに CV 信号は別の CV を使用してモジュレーション・コントロール入力 Mod を介してモジュレーションすることができます。つまり Mod ソケットにプラグが接続されていない場合は、一定の正電圧がモジュレーション CV として使用されます。このソケットの CV の範囲はバイポーラーで、トリミング・ポテンショメータでユーザーの要求に合わせて調整することができます。工場出荷時の設定は -5V ~ +5V です。(-5V = モジュレーションなし、0V = 約50%のモジュレーション、+5V = 完全なモジュレーション)

現在の増幅度は2色 LED で表示されます。信号表示ではありませんが増幅度を表示します。(黄色=正の増幅度、赤=負の増幅度)。

代表的な使用例

  • 純粋な正方向への増幅(Man + CV)が可能な電圧制御アンプリファイア(VCA)
  • 純粋な負方向への増幅(Man + CV)が可能な電圧制御インバーター
  • 電圧制御可能なポラライザー/アッテヌバーター 正と負の間で変化する全体的な増幅(Man + CV)
  • オフセット機能を持つ DC 結合リング・モジュレーター、”クラシック”なリング・モジュレーションを得るには Man コントロールを 0 に設定します
  • CV 信号のモジュレーション機能を利用した追加エフェクト(Mod 入力を使用)

Width : 4 HP
Depth : 40 mm
消費電流 +12V : 20mA / -12V : -20mA

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。