Bastl Instruments | TEA KICK

14,500円(税込15,950円)

  • パネル
購入数

ドラムサウンドを核に、WTFフィルターやVCOとしても利用できる人気&定番モジュール。

BASTL INSTRUMENTS「TEA KICK」は、”アナログのTWIN Tレゾナント回路”による、ナチュラルなドラムサウンドが特徴のユーロラック・モジュラーです。

「ATTENUATORノブ付のCV入力」と「TUNEノブ」により、アコースティック・ドラム同様のピッチ・チューニングが可能に。キック〜タム、ウッドブロックまで、多彩なドラムサウンドをクリエイトできるよう考え抜かれています。さらに「CLICK TUNEノブ」では、ドラム・スティックがヘッドをヒットした時のリアルなアタック音を加えられます(CLICK音のみの個別出力も装備)。

また、「RESONANCEコントロール」で長いディケイのドラム・サウンドを作り出せます。さらに「RANGEスイッチ」によってセルフ・オシレートさせることで、TEA KICKをベース帯域のVCOとして利用することも可能にしています。

通常の「OUTPUT」に加え、「SQUARE」出力から矩形波を同時出力できるので、2つの出力をミックス、または個別に使用することで、インダストリアル的で過激なドラム・ビートを生み出すことができます。

「WTF」は、本機のTwin T回路を応用した特殊なウェーブシェイプ&バンドパス・フィルター機能です。「WTF IN」にサウンドを入力すると、「OUTPUT」から奇妙に歪められた、バンドパスフィルター的効果のサウンドが得られます。TUNE/RESONANCE/CLICKなどのコントロールがフィルター要素を可変させます。WTF INにオシレーターを入力して、CV入力でピッチをモジュレートすると、独特な歪感とレゾナンスを持つ、かっこいいサウンドがクリエイトできます!「SQUARE」出力からは更にアグレッシブで病的なサウンドが出力されます。

5HPのスペースから、CVでピッチ・チューニング可能な、各種ドラムサウンドや矩形波、ベースサウンドVCOまで、多彩なサウンドを作り出すことができ、さらにWTFフィルターやウェーブシェイプ、フィードバックを活かした音作りまで可能となります。BASTL INSTRUMENTSならではの個性的なイマジネーションが盛り込まれた「ドラムサウンドを超えた」傑作モジュールです。

新品モジュラーシンセサイザー
5 HP
奥行き 35 mm
消費電流 +12V : 15mA, -12V : 15mA
保証期間 1年
付属品 保証書

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。